homeabouteventsrepertoiresamplescontact
「くぅ」とは
公演情報
子育て応援
持ちネタ
朗読見本
お問合せ
「くぅ」とは
「ことのは楽団・くぅ」とは、三人組の朗読ユニット。コンクール入賞の縁で出会った三人だが、朗読のタイプは三者三様。その三人の奏でる言葉のオーケストラは圧巻。(たぶん)
空間との出会いを大切にしつつ、朗読公演へのエントリー、独自の朗読ライブ、出張朗読 等、積極的に活動を展開していく予定。

★伊達 裕子(だて ゆうこ)
幼少の頃より和楽器の音色に親しむ。喋ることは苦手のはずなのに朗読をしているという不思議。現在は舞の世界にも魅せられ、「言葉の表現に深みを」と稽古に励んでいる。
・NPO日本朗読文化協会第1回朗読コンクール優秀賞。
・同 第2回朗読コンクール奨励賞。
・第13回国際芸術連盟朗読オーディション合格。
・朗読グループ「かたかご」代表。

目指すスタイルは「胸座をつかむ朗読」
写真
★金田瑠奈(かねだるな)
武蔵野音楽大学声楽科卒業。3歳よりピアノを始める。声楽を栗山和子他、ピアノを金森晴生他、クラシックバレエを山川恵子他、ジャズダンスを篠井世津子他、各氏に師事。大学在学時より、舞台、コンサート、イベント、ショー、映像他に出演(ハムレットよりオフィーリア役他多数。)又、ソロパフォーマンスや振り付け、音楽教室やジャズダンスの講師としても活動。

現在、舞台、コンサート、ユニセフイベント、ショー、文学館・美術館・小中高・財団法人こども文化センター・カフェ他にて朗読、語り、ナレーション、MC、朗読教室講師(ステップワンつづきカルチャーセンター、東急Be二子玉川校)等、活躍の場を広げている。。
第13回国際芸術連盟朗読オーディション合格、奨励賞。
NPO日本朗読文化協会第2回朗読コンクール入賞、奨励賞。
2008年国際芸術連盟朗読芸術賞受賞。
神奈川県在住。

主な出演公演
・音楽朗読劇「銀河鉄道の夜」より、カンパネルラ役とナレーション(北とぴあ プラネタリウムホール)
・「語りと音楽の世界」(すみだトリフォニー小ホール、杉並公会堂小ホール、野方区民ホール)にて朗読。
・音楽劇「プラテーロとわたし」(奏楽堂)にて朗読。
・「宮沢賢治の世界」(テイアラこうとう)にて朗読。
・「ミュージックショコラ」(ルーテル市ヶ谷)にて司会と朗読。
・2009年、2010年「ユニセフのつどい」(横浜開港記念館)にて司会。
・「心に残る懐かしの童謡、唱歌」にて朗読。
・「語りと和楽器で紡ぐ春の調べ」(文芸館)にて朗読。
・2008年朗読芸術賞受賞記念公演「社会人のためのジョイフルナイト」にて朗読。
・イーハトーブび想いを寄せて「賢治と心平の世界」(草野心平記念文学館)にて朗読。 
・「新春朗読の調べ」にて朗読。
文京区立森鴎外記念館にて
・2013年「じいさん ばあさん」(森鴎外作 )の朗読とワークショップ、
・2014年  朗読会「山椒大夫」(森鴎外作)の朗読、
・2015年「団子坂」(森鴎外作)の朗読ワークショップ、を行う。
他多数。

目指す朗読は……心を寄せて朗読し作品に命を吹き込む、そんな語り人になりたい…それと共に最高の楽器である“声”を磨き、その“声の表現"の可能性や素晴らしさ、感動を伝えていきたいです。
写真
★河崎 卓也(かわさき たくや)
1964年北海道生まれ。 
16年のIT系エンジニアのキャリアの後、演劇の世界に足を踏み入れる。特定のカンパニーには所属せず、俳優として多くの演出者のもとで経験を積む。2002年より、声・ことば・演技・歌を磯貝靖洋に師事、「ことばぢから」を磨く。 
主な出演は、劇団AUN『夏の夜の夢』(シェイクスピア作)、向陽舎『薔薇と海賊』(三島由紀夫作)など。 
NPO日本朗読文化協会主催「第2回朗読コンクール」最優秀賞受賞。
2011年度国際芸術連盟朗読芸術賞受賞。
国際芸術連盟朗読家会員。

目指すスタイルは「ど真ん中の朗読」
 
河崎卓也WEBサイト 
http://www.taku-zo.com/ 
写真